トップ / 医師が患者に不安を与える事も

医師が患者に不安を与える事も

医師が患者に不安を与える

社会的影響力

医師が転科する事について

医師は簡単に転科する事が出来ます。開業医等はそれを行い、地域住民のニーズを満たすケースがあります。一方、転科は患者に不安感を与える危険性があります。転科した科の知識や経験が乏しい場合、うまく患者のニーズに対応する事が出来ないです。結果、患者の信頼や信用を失い、病院を運営する事が難しくなります。別の科に変更する時はその科の事や業務を行う地域の住民の事をよく勉強してから行った方が良いです。事前の準備が十分ではないと患者に対して安定した医療サービスを提供する事が出来ないからです。軽い気持ちでそれを行う事は医師にデメリットをもたらします。それを行う時は覚悟を決め、患者のために誠実に業務を行う事が重要になります。それを行えば業務の幅が広くなります。一方、どの科も中途半端になり専門職としての信用や信頼を得る事が難しくなります。それを行う時は長期的な利益を考える事が非常に重要です。患者の利益につながるようにしなければならないです。

転科を考えるときには

データによると過去に転科を考えたことがある、もしくは現在考えている医師は全体のおよそ18%強に上るといわれています。また実際に変えたことがある人は16.7%になるそうです。年齢を見ると若い人が多いことから、体力がある若いうちにより多くの症例を見たいという希望があると思われます。また、理由の一番はほかの科に魅力を感じてやってみたくなったということがあげられます。これらは前向きな気持ちの表れとおもえますが、中には人間関係が嫌になったというひともいます。実際問題として、内科から外科へかわるのは至難の業といえます。また耳鼻科や精神科、皮膚科などから心臓外科や脳外科などへうつることはほぼ不可能といえるでしょう。逆に外科系から内科や皮膚科へかわることはありうることです。たとえば、脳外科や心臓外科などは体力勝負であるので、体力的に不安を感じて内科へ転科することはよくきく話です。いずれにしても、医師にとって重大な決心であるため熟考が必要なことはいうまでもありません。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の人材不足問題について. All rights reserved.