トップ / 医師の問題解決方法とは

医師の問題解決方法とは

医師が抱える問題

社会的影響力

うつ病で苦しむ医師について

昨今、多くの医師は患者の治療、手術、自身の研究等様々な事をしなければならないです。結果、心身を疲弊させ、人によってはうつ病を患い、健康的な社会生活を営む事が難しいケースもあります。当事者自身の力だけでこの状況を改善する事は難しいです。周囲の人間がサポートを行い、その人がうつ病を患わないようにする事が重要です。日々の激務に追われ心身を十分に休める事が出来ないためそれになってしまう人が多いです。この問題はチームで取り組まなければ解決しないです。このような問題で苦しんでいる医師を休ませる環境を社会が連携して構築した方が良いです。この問題を放置した場合、患者に安定的に医療サービスを提供する事が難しくなります。休ませる事は当人だけではなく、患者や医療機関の利益につながります。うつ病は治らないものではないです。もし、それになった時は決して焦ったりせずゆっくりとケアを行う事が重要になります。チームによるケアが重要です。

うつ病ならばすぐに相談を

うつ病になる日本人は年々増えてします。ストレス社会で生活する日本人は病気になる傾向がかなり高いのです。しかし自分が病気であることをなかなか判断することは難しいのです。実際に医師に診断されてもうつだと分かるのには時間がかかってしまいます。症状の出始めとして無気力さを感じたりけだるさを感じたり夜眠れなくなったり食事が十分にとれなくなったりすると異変があると感じてください。自分の変化に気づけるのは自分しかいませんので毎日の自分と向き合ってください。そうすれば異変にも早く気づけるはずです。そしてなにかおかしいと思ったら医師に相談してください。薬物療法や行動療法ができるのは医師にしかできません。自分では薬を服用したりすることはできないのでしっかりと診断してもらって治すための薬を処方してもらってください。またどうやったらうつが改善できるのかをしっかりと教えてもらい元の自分に戻れるように治療をしましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の人材不足問題について. All rights reserved.