トップ / 医師に起こり得る訴訟

医師に起こり得る訴訟

医師に関係する訴訟

社会的影響力

医師等を相手とする医療過誤訴訟

医療過誤訴訟とは、医療行為において医師等の過失あるいは過誤によって患者が不利益を被った場合に、不法行為による損害賠償請求、さらには精神的慰謝料等の請求を行う民事裁判を起こすことです。 この場合の問題点は、まず原告側(患者)が医療という専門分野に対して知見に乏しいこと、続いては民事訴訟の原則に従えば、その知見に乏しい原告側に挙証責任(被告側に過失・過誤があったことを証明する責任)があることです。さらには、事実関係を証明する証拠となる医師が書いたカルテなどの書類一式が、被告側の管理下にあることも大きな障壁とな

医師は訴訟に備える必要がある

今の医師は訴訟に備える必要があるといえます。医療行為は医師しかできない行為であり、その影響は大きなものがあります。全ての医療行為が上手くいくというわけではありませんから、訴訟などの事態についても備える必要があるわけです。そのために多くの医師が組織に属しているといってもいいかもしれません。独立してしまうとこうした事態に個人で立ち向かう必要性が出てくるので、とても難しい問題となってくることもあるのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の人材不足問題について. All rights reserved.