トップ / 労働基準法は医師にも

労働基準法は医師にも

医師の労働基準法

社会的影響力

医師であっても労働基準法は適用

医師というと患者さんの命を預かる職業ですので必然的に労働時間は長くなる傾向がありますが、医師であっても労働基準法は適用されます。特に当直業務などはあいまいな状態が長年続いていましたが、近年は労働基準法に照らし合わせて問題があるような事例に対しては、労働基準監督署からの指導もされるようになり、医師といってもしっかりとした、労務管理がなされるようになってきています。過重労働の改善は診療の質を上げ、患者さんの利益にもつながるとされており、労働環境の改善がはかられています。

労働基準法を超える労働の医師

高度な医療に関わり、多くの人の命を救う医師の仕事は、労働環境が大変な職場が多くなっており、労働基準法に抵触するほどの労働時間になってしまうこともあります。いろいろな病院が救急などを受け入れており、緊急の場合、仕方がないことではありますが、出来るだけ労働環境が良い職場を探して働いたほうが、自分自身の体のためには良いでしょう。正確な仕事が要求される医師の仕事は、きちんとした判断力が求められるので、過重労働すぎる職場は危険でしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の人材不足問題について. All rights reserved.