トップ / 医師の地位と肩書に関して

医師の地位と肩書に関して

医師の地位とはなにか

社会的影響力

医師の地位は肩書ではない

医師の地位というと一般的には大学病院における肩書きだと考える人は多いと思います。現実的にも大きな病院や大学病院の院長や教授になるとその報酬も高額になり院内での権力も高まるため地位が高くなったと考える人も少なくありません。しかし、一般の患者から見ると良い医者とはこのような人ではなく、真摯に病気に向き合って一緒に治療を行ってくれる医師が非常に心強いものです。医学界に於いては有用な論文や有益な研究を行った人がその地位を高めていくことになっていますが、逆に肩書きの為に敢えて難しい方法による治療を行い自分の能力を誇示することでその肩書きを得ようとする人も少なくありません。しかしこのような行為は患者の体に過剰な負担を強いるだけでなく、本来は必要のない命の危険を生み出すこのにもなりかねません。本来有能な医師とは決して肩書きで決まるものではなく、患者の病気による苦しみや痛みをしっかりと認識し、適切な治療を行う人を指すものであり、そのような人の肩書が本来高くなるべきです。

社会的地位と責任を考える

社会的に医師の地位は高いです。そのため、彼らに求められる責任は重いです。中には自身の地位の重さを十分に理解する事が出来ず、軽率な行動を取り、社会や周囲の人々から信用を失う場合があります。医師は常に自身の地位、社会的影響力、責任を頭に入れて行動した方が良いです。このような事は医学部時代から教育で学ばすべきでもあります。ドクターの中にはそれに安住し、専門職としてふさわしくない行動する人もいます。一部の人間のマイナス行動がドクター全体のイメージやステータスの低下につながるので注意が必要です。先輩のドクターが後輩のドクターをしっかりと教育する事でイメージやステータスを守る事が出来ます。これらを守る事は患者に良質な医療サービス安定的に提供する事につながります。その高さが原因で患者に対して不誠実な態度を取る人もいます。そのような態度はそれの低下につながるので改善した方が良いです。それの高さを理解し誠実に行動する事が大切です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の人材不足問題について. All rights reserved.