トップ / 医師が向き合う外国人患者

医師が向き合う外国人患者

医師も英語力が必要

社会的影響力

医師が英語の勉強が必要な理由

最近は日本を訪れる外国人の数が増えています。外国人の中には、日本に来て急に病気になる人もいます。そのような外国人患者が自分の病院に来た時に備えて、医師は英語を勉強しておく必要があります。英語は世界中で一番良く使われている言葉です。欧米人だけではなく、アジアやアフリカの人も英語を使えます。病院に来た時に、自分の症状を説明するのは英語なので、ある程度英語を理解できるようにしておく必要があります。自分から英語で話せる能力も必要です。

医師の外国人患者への対応

医師は、外国人患者への対応をおこなうことがあります。当然のことながら、海外からの就労者や外国人観光客などが、滞在中に病にかかることがあります。その際、状態を確認するための最低限の語学力は必要になります。ボディランゲージでも補える部分はありますが、出来るだけ正確さを期するためにも、英語や勤務する医療機関の周辺に多く住んでいる人たちの常用語などを話せるようにしておくことは、これからの時代において必須条件になりつつあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の人材不足問題について. All rights reserved.